IPv6でも評判が…ドコモ光にドコモnetがおすすめできない4つの理由

本記事では、ドコモ光のプロバイダ「ドコモnet」の評判・口コミ、メリット/デメリットを徹底解説しています。

ドコモ光「ドコモnet」とは?

ドコモnetはNTTドコモが運営するプロバイダです。
こちらのプロバイダに対応しているのは、名前の通りドコモ光のみです。

ドコモ光は「光コラボレーション」と呼ばれるインターネット通信サービスです。
光コラボでは、フレッツ光とは異なり、回線とプロバイダを別々に契約する必要がありません。
つまり、契約の際に回線とプロバイダの窓口がひとつになっているのです。

ただ、ドコモ光の場合は他社光コラボとは違い、25種類のプロバイダから1社を選んで契約する必要があります。
月額料金はもちろん回線とプロバイダのセット価格なので、請求はNTTドコモからのみです。
しかし、プロバイダの有料オプションを利用すれば、プロバイダからも請求が来てしまいます。

そんなドコモ光のプロバイダの中で、唯一契約や全ての支払いを一括できるのが「ドコモnet」です。
NTTドコモが運営するプロバイダなので当たり前といえば当たり前でしょう。

回線とプロバイダで契約先が異なるのは面倒だと感じる方はドコモnetが楽かもしれませんね。

NTTドコモが運営するドコモnetについて調べてみると、「OCN」と同等のプロバイダであるという情報が出てきました。
ドコモnetとOCNは別の会社なのですが、双方ともNTT関連会社なのです。

さらに、ドコモnetによると「OCNバーチャルコネクト」というIPv6接続方式を採用しています。
OCNの接続方式を利用しているために、同等のプロバイダであるといわれているようです。

ドコモnetはドコモ光の公式プロバイダで、老舗プロバイダOCNの接続方式を利用していることから、信頼性の高いプロバイダであることがわかりますね。

 

評判が悪いと言われる4つの理由

Wi-Fiルーターの無料レンタルがない

ドコモ光「ドコモnet」では「ドコモ光ルーター01」の使用が推奨されています。
しかし、こちらのルーターは無料レンタルなどのキャンペーンを行っておらず、ユーザーが自費で購入しなければなりません。

ドコモオンラインショップでは9,590円(税込)で販売されています。
家電量販店などではもう少し手頃な値段で同等のWi-Fiルーターを購入することができますが、ドコモnetによると動作保証をしているのは「ドコモ光ルーター01」のみ。
他のWi-Fiルーターを使用する場合は自己責任となっています。

ドコモnetでは有料オプションの「ネットトータルサポート」に加入し、またドコモ光ルーター01を購入することで、10,000円分のdポイントがもらえます。
このキャッシュバックを利用すれば実質無料で「ドコモ光ルーター01」を手に入れられますが、やはり他社のようなお得感はありません。

ドコモ光を契約して自宅にWi-Fi環境を整えるなら、Wi-Fiルーター無料レンタルを行っているプロバイダがおすすめです。

 

キャッシュバックがない

ドコモnetには他社プロバイダで行っているような高額キャッシュバックがありません。

行っているキャンペーンは、ドコモ光の公式ホームページに記載されているdポイントのプレゼントや工事費無料キャンペーンのみです。
ちなみにこれらはドコモ光公式のキャンペーンなので、どのプロバイダを選んだ場合にも受けられます。

ドコモnetが独自に行っている唯一のキャンペーンは、「ドコモ光ルーター01」の購入とネットトータルサポートに加入することでdポイント10,000円分がプレゼントされるというものです。
他社プロバイダでは、ドコモ光に申し込むだけで15,000円のキャッシュバックを行っているところもあります。

dポイント10,000円分をもらっても、自分で購入する必要があるWi-Fiルーターで相殺されてしまうので、やはりお得感はないといえるでしょう。
ドコモ光を始めるなら、お得なキャッシュバックを行っているプロバイダを選ぶべきです。

 

インターネットの設定サポートがない

他社プロバイダの中には無料で設定サポートを受けられるところがありますが、ドコモnetには設定サポートが用意されていません。
インターネットの知識を持っていて、自分で設定できる人はとくに問題ないですが、インターネットの接続設定に自信がない人や苦手な人は注意が必要でしょう。

ドコモnetにはインターネットの接続のみをサポートしてくれるサービスはありませんが、ネットトータルサポートというサービスが存在しています。
このサポートが対象とするのはパソコンからスマホやテレビ、音楽関連機器まで広範囲に渡ります。
また、ドコモ製品以外にも対応してもらえるのが大きな特徴です。

しかし、有料で月額500円がかかってしまうので、必要に応じての加入となるでしょう。

 

解約時にサービスの引き継ぎができない

ドコモnetではドコモ光を解約して、他社の回線に乗り換える場合にドコモnetのサービスを引き継ぐことができません。

ドコモnetはドコモ光でのみ扱っているプロバイダなので、フレッツ光やauひかりでは取り扱いがないのです。
ドコモnetのメールアドレスをメインで利用している方はとくに注意が必要ですね。

他社回線に乗り換える可能性がある方は、乗り換え先でも利用できるプロバイダを選択しておく必要があります。
そうすれば、プロバイダのサービスを引き続き利用することができるでしょう。

 

ドコモnetにメリットは存在するのか?

v6プラスに対応している

ドコモnetはv6プラスに対応しているプロバイダです。
高速通信のIPv6対応のルーターを用意することで、回線が混雑する部分を避けた快適なインターネット通信を楽しむことができます。

ドコモ光のプロバイダの中でもv6プラスに対応しているプロバイダは限られているので、v6プラス対応はドコモnetのメリットといえるでしょう。

 

月額料金が安い

ドコモ光は回線とプロバイダがセットになったサービスです。
このため回線とプロバイダは別々に契約する必要がなく、セット割が適用されているような状態でお得にインターネットを利用することができます。

ドコモ光でドコモnetをプロバイダに選択した場合の月額料金は、戸建:5,200円、マンション:4,000円です。

ドコモnetはタイプA対応のプロバイダなので、ドコモ光の月額料金を最も安く抑えることができるでしょう。

 

セキュリティソフトが12ヶ月間無料

ドコモ光「ドコモnet」を契約すると、マカフィーのインターネットセキュリティを12ヶ月無料で利用することができます。

ウイルス対策や迷惑メール対策を総合的に行い、大切なパソコンを脅威から守ってくれるソフトです。
ただし、対応しているOSはWindowsのみで、利用可能台数は1台という点には注意してください。

 

ドコモnetのマイページで接続状況を確認できる

ドコモnetでは、マイページにログインすることで接続設定情報を簡単に確認することができます。

パソコンやスマホを買い替えた際には、インターネットの契約内容をいちいち確認して設定し直す必要があります。
ドコモnetならパソコンやスマホからマイページにアクセスするだけで、必要な情報を取得することができるでしょう。

これなら契約内容の書類を紛失してしまった場合でも、焦らずにすみそうですね。

 

ドコモnetと他社プロバイダを比較!おすすめしない理由とは?

ドコモnetとタイプAの他社プロバイダの特徴を比較してみましょう。

タイプA
プロバイダ名 キャンペーン内容 IPv4 over IPv6
(v6プラス)
ルーター
無料レンタル
v6プラス
指定ルーター
必要性
ドコモnet ・dポイント10,000pt進呈
・セキュリティソフト12ヶ月無料
有料
ぷらら ・15,000円キャッシュバック
・dポイント最大20,000pt進呈
・訪問サポート1回無料
GMOとくとくBB ・15,000円のキャッシュバック
・dポイント最大20,000pt進呈
・一部セキュリティオプションが期間限定無料
・訪問サポート1回無料
×
@nifty ・15,000円のキャッシュバック
・dポイント最大20,000pt進呈
・一部セキュリティオプションが期間限定無料
・リモートサポート1回無料
×
DTI ・15,000円のキャッシュバック
・dポイント最大20,000pt進呈
×
BIGLOBE ・dポイント最大20,000pt進呈
・セキュリティオプション12ヶ月間無料
×
So-net ・15,000円キャッシュバック
・dポイント最大20,000pt進呈
・カスペルスキー12ヶ月間無料
×
andline ・一部ウイルス対策オプションが永年無料 ×
Tigers-net ・カスペルスキーが永年無料
・出張セットアップ1回無料
×
SYNAPSE ・dポイント最大10,000pt進呈
・初回訪問サポート無料
・一部セキュリティオプションが期間限定無料
×
TikiTiki ・dポイント最大10,000pt進呈 ×

 

上記のような表にしてみると、ドコモnetのキャンペーン内容が他社プロバイダと比べて劣っているのが一目瞭然です。

v6プラスに対応している点は大きなメリットですが、Wi-Fiルーターの無料レンタルがなく、また条件なしのキャッシュバックを行っていない点は大きなデメリットとなっています。

ドコモnetをおすすめできるのは、回線とプロバイダの両方に関してワンストップで問い合わせをしたいという方ぐらいではないでしょうか?
「151」の番号でNTTドコモに連絡するだけで問い合わせできるのは便利ですが、他社プロバイダに勝てる要素とはいえません。

やはり条件なしで15,000円のキャッシュバックを行っているSo-netや、高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルを行っているGMOとくとくBBを選ぶ方が、ドコモ光をお得に始められるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました